どくはく

思いつくままに雑記を書き綴るブログです。

ブロガーとしての才能

雑記ブログをはじめて、多くの方に見に来てもらいました。

メインブログを別に持っているということもあるかもしれませんが、それでも、立ち上げたばかりのブログにこんなに人が来てくれるのはうれしいものですね。

その中で、結構、賛辞の言葉をいただくんですが、自分にはブログの才能はほとんどないと思ってる。

流石に、別にメインブログをやっている身としては、文章力とかは皆無とまでは言わないが、

それでも、

内容

構成

文章力

どれをとっても、

綺羅星のように光る、多くのスターブロガーたちにはかなわない。



自分自身としては、渾身のエントリーだったとしても、ちょっと読み返すと途端に恥ずかしくなる。

記事をアップさせる前は、どんなに校正を行っても問題なかったのに、

一旦、世に記事を放ってしまったあとは、まともに読み返すことすらできない。

よく、他の皆さんが言っている「過去記事修正も大事」という言葉も、

意味合いはよくわかるが、まともに振り返れなくて、作業がままならない。

こんなことだから、他のブロガーと差が広がってしまうんだと悩みは深まるばかり。



そんな、ことで悩んでいるときにこの記事に出会った。

www.utsujoshi.com

性格診断について書かれている記事だが、

筆者のこぐまさん曰く、「性格診断は当たっているのでは事実なのだ」

つまり、性格診断をすることでありのままの自分にぶち当たる。そういうことらしい。



別に、ブログのために性格診断をするわけではなく、転職を契機に少し自分を見つめなおすタイミングだと思ってチャレンジしてみた。

そして、その結果がこれ

f:id:ka_rinchaco01:20160124230114j:plain

特に注目したのは、

『なまじバランス良くこじんまりと纏まって居るだけに、一芸に秀でようとする様な場合には、予程の才能か努力が無ければ一寸難しいのかも知れません。』

要は、(一芸に秀でる)ブロガーになるのは、予程の才能か努力が無ければ一寸難しいとのこと。

すでに、才能がないことは自分でもわかっている。

性格診断は事実!という、こぐまさんの言葉通りなら、ブロガーで成功することはかなり難しいと言わざるを得ない。



しかし、私は思い出した。

細々とこのブログを続けていくと。

この分だと才能が開花することはないかもしれない。

しかし、雑記ブログをはじめたのは、メインでは書けないことがあったからだろ。

性格診断によると、『なまじバランス良くこじんまりとまとまっている』んだろ。

じゃあ、ブログの更新だってこじんまりとひっそりと続ければいいんだ。

そう、決意を新たにしたのだった。

広告を非表示にする