読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どくはく

思いつくままに雑記を書き綴るブログです。

ブログとは自由であること。

最近、ブログを見ていると感じることがある。

やれ「言及された」だの、「ブコメネガコメがついた」だの、騒ぐブロガーたち。

本編とは全く関係のないところで「互助会おつ」などの、中傷をする、ブックマーカー

見解の相違があるにも関わらず、相手を間違っていると断罪して言及・糾弾をするブロガー。


まあ、いろいろありますけど、ずいぶんと殺伐としていますね。もう少し仲良くはできないのか?とも思いますが、無理でしょうね。

だって、ブログとはそういうものだから。


各々がそれぞれ自分の責任で見解を発表しあい、時には対立することもある。

私は、これこそがブログだと思っている。


例えば、言及されたり玉石混交でコメントが付くのは当たり前。当然、自分の考えとは違う見解もあるでしょう。中には、本当にブログの中身を読んでから書いたの?と聞きたくなるような的外れなものもあるでしょう。

でも、そんなのもひっくるめてブログなんだと思う。

それに、あまりにも的外れなコメント書き込んだ記事は、他人が見て

「この人、的外れな事ブコメしているわぁ」ぐらいにしか思わないとおもう。

まあ、逆に的確に痛いところを突くようなブコメされて、そのあとのブコメが炎上w。ってこともなきしもあらず。その時は、おとなしく自分の記事の不出来さを呪うしかない。

あと、「互助会」についてだが、文句は本来ブロガーではなく、サービスを提供している「はてな」に意見を具申するのが筋だと思う。実際、意図して互助会活動をやっているかどうかにかかわらず、ほとんどのはてなブロガーが何らからの恩恵にあずかっているだろう。

もし、互助会と無縁なブロガーがいるとしたら、自らは読者にならず、スターやブクマも一切つけない人だろう。

いない。とまでは言わないが、かなり少ないのではないか。

もし、互助会について文句が言えるとしたらその人たちだけだと思うが、逆に考えれば、そんなにPVが欲しいのなら、ブクマをすれば自然とつくだけだと思う。それをしない時点で、PVなんかには興味のない人だと、私は思う。

だったら、ブコメで「互助会乙」なんて言及できるような資格のある人はいないのではないか?。


そして、見解の相違があるにも関わらず、相手を間違っていると断罪して言及・糾弾をするブロガーの存在。

冒頭にも書いたが、ブログは自らの責任をもって見解を表す場だと思っている。

だから、意見が対立することがあるのは仕方がないことだと思う。

しかし、「相手のブロガーの意見」に反論していたはずなのに、いつの間にか「相手」そのものを糾弾している例をたまに見かける。

私はその時、糾弾している側をずいぶん失礼なブロガーだと思うし、正直かかわりになりたくない。

ただ、一つ断っておくと、その糾弾しているブログだって一つの意見なので否定はしない。

私は、こうなりたくないな。と思うだけ。

もし、そういうポリシーで活動されている方がいるのなら、堂々と更新を続けていってもらいたい。

私は、関わりになりたくない。ということだけ。



最後になるが、

基本的に、どんな意見を書こうが、例えそれが間違っていようが、堂々と書けばいい。

もし、内容が事実と異なっているのなら自らの責任で謝罪し訂正をし、

もし、それが見解が異なるだけなら、堂々と主張したらいい。



だって、ブログは自由な個人メディアなのだから。

ただ、それと同時に、発信した内容に責任を持たなくてはならない。

それさえ分かっていれば、こんなに自由なメディアはないと思う。

広告を非表示にする