どくはく

思いつくままに雑記を書き綴るブログです。

言われて逆効果な言葉「そんな些細なことでムキになって。大人になりなよ」

先日の記事に結構たくさんのコメントを頂きました。
dokuhaku.hatenablog.jp

私にとって、心地いいもの、耳障りなもの、いろいろありましたが、一つ一つ貴重なご意見なので一通りは読ませてもらいました。

正直、厳しいものが多かったですね。また、私の本意が伝わっていないなぁと感じるものも少なくありませんでしたが、こちらは、記事全体の構成のまずさがそうさせたのだと思います。

まあ、この辺に関しては、また後日改めて取り上げて記事にしてみたいと思います。

私にとっての大ダメージな言葉

さて、今回の件で私が気になったのは、タイトルにもあるように「そんな些細なことでムキになって。大人になりなよ」っていう言葉。

ブコメ欄に直接この言葉が書かれたわけではないのですが、このニュアンスを持つ言葉に対しては条件反射で反応してしまう自分がいます。

今回の一件では、元記事となった新聞の問題に対して、多く発せられていましたね。

実は、これ私にとっては逆効果なんです。

ブログ上で取り繕っていますけど、貴重な意見とはいえ、ネガコメばかりだとさすがに私も疲弊してきます。

でも、この手のコメントに対してだけは何故かファイトを燃やしてしまう自分がいます。

あなたにとっては些細な事でも自分にとっては違う

始めに断っておくと、今回の新聞のホチキス止めの件について言っているわけではありません。
※私にとってはこの件の是非については、前記事でも触れてないです。

一般論として語りたいと思います。

前提として、私がブログに書くときは何かしらの引っ掛かりがあるときに書きます。これは、メインブログでも、サブブログでも一緒。

ココロに何か動きのあったとき、何か大切にしているモノを伝えたいときにブログを書く。

それは、ポジティブなこともあれば、怒りに任せたネガティブなこともある。

そんな時、自分の大切にしているのモノに対して、そんな些細なことで・・・。って言われても、イラッとするだけです。

確かに、ブログを読んでいる人にとってはすごく些細な事かもしれません。でも、当人にとって怒りのツボというか逆鱗に触れたというか、そういう感情の発露がブログにはあると思います。

それに対して、些細な事と断罪されるは私にとっては結構なダメージ。

嫌だなぁ。って単純に思います。

更に追い打ちをかける「大人になりなよ」

しかも、大人になりなよっていう一言付け加えられたら最悪。

自分だって怒りながら、この怒りのツボって他の人と違うなぁって、なんとなく実感しているんだものw。

大人げないのは自分。自分がそれはよくわかっている。

それを、見ず知らずのブックマーカーに指摘されることの恥ずかしさと言ったらないw。

親友ですら、言われて恥ずかしいのに他人に言われて恥ずかしくないわけがない。

そういった理由で、私は「そんな些細なことでムキになって。大人になりなよ」って言われたら、図星なのと恥ずかしさで逆に闘志を燃やしてしまうアマノジャクなのです。

わが身を振り返る

じゃあ、自分が使ってないかというと、実はそうでもないんじゃないかと思ってます。てへぺろ

相手にとっては実際効果があるかどうか解からないけど、自分にとって最大限ダメージを与えられる言葉ですからね、過去に一度も使わなかったとまでは断言できません。

とはいえ、基本的に自分の嫌がる行為は相手にもしないでおこう。という、聖人君子的()なブロガーを目指したいので、本当に憎い相手にたいして、効果的に使用できるという条件が整わない限り極力使わないでおこうと思います。

最後に

私に対しては、煽りの言葉として最高の一言です。

なるべくなら、私も心穏やかなブログ生活を続けていきたいので、やめてほしい。と言いたいところなんですが、ブログっていうのは自由な意見の発露の場なので、他人にそれを求めるのは違うなぁと思います。

dokuhaku.hatenablog.jp

そんなことを考えた、GWの昼下がりでした。

広告を非表示にする