読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どくはく

思いつくままに雑記を書き綴るブログです。

当たり前のことだけど、お店のサービスの責任は経営者にあるよね

前回の記事から一歩踏み込んで、サービス業の経営者と労働とは何かについて考えてみたいと思う。

前回記事
dokuhaku.hatenablog.jp

多くのご意見をいただきましたよ。結構、批判的なものも多かったというか、ブコメなんて基本嘲笑してなんぼですからね。

まあ、確かに高級なサービスを求めるなら、それなりの対価を払って、高級な店に行けよ!。っていうのは、感覚的には解かるんですけど、やっぱりちょっと違うなぁって思う部分も少なくない。

例えば「バイトにそこまで要求するのはオカシイ」。っていう理屈。

いやいや、サービスを提供するのはお店で、バイトはあくまでもそのお店の経営者に雇われてサービスをしているに過ぎない。

業種によってはサービスが俗人的になっている分野(保険のセールス・マッサージ師・車のセールス)もありますが、そういった業種だって最低限のレベルの商品知識や技能は習得したうえで現場に立っていると思います。

じゃあ、アルバイトはどうか。

確かに、アルバイトは正社員と違って会社そのものから要求されるスキルは少なくて、業務も簡易的なものが多い。

更に、件のチェーンの喫茶店のウェイターやウェイトレスはアルバイトの方が多いのかもしれない。

でも、最低限のお客とのコミュニケーション位は(経営者がバイトに)身につけさせてもいいのではないでしょうか?

ただ、このケースは本来提供するサービス以上の客の要求という側面もあったから、微妙な線ではありますが、それでもめんどくさそうに対応する(少なくとも客にそう取られる)というのは、いただけません。

店自体が、オーダー通りの飲食を客に届けばどんな不愛想でも構わないという、経営方針なら仕方がないですが、きっとそうではないと思うんですよね。

それならば、経営者はきちんとバイトも含めて従業員教育を行うべきだと思う。

ただ、難しいのは経営者によってその方針が違うため、全国一律にチェーン店として同じサービスを提供するという店もあれば、各地方によって特色を出したサービスを提供したいと考える経営者もいるため、一律に同等のサービスが受けられるとは限らないんですけどね。

しかも、消費者サイドは、チェーン店に行けばどこでも同じサービスを受けられると思い込んでいるわけだから、そこで齟齬が起きるっていうこともまま、ある話ではあります。

脱線してしまいました。

要は、経営者は最低限の従業員教育をしてねっていう話。

あと、

給料もらってるんだからプロ意識をもって対応する」って労働者側が言い出したらただの労働力のダンピングなので他の労働者に迷惑

っていう、ブコメもらったけど、労組の幹部かよw。

言っている意味は、わからなくもないんだけど、ちょっと労働っていうものを甘く見ていませんか?

バイトでも、パートでも、正社員でも賃金を払っているのです。ボランティアではないのですよ。

それならば、お金もらった分の仕事してくださいよっていう話。

そして、プロ意識の持った人がもっといい職場につけるっていう理想論を掲げているブコメもあるけど、労働のミスマッチが起きているから、よっぽど本人が努力したうえで、幸運をつかまなければ、転職するたびに賃金は下がっていくのが常道。

その中で、本人がどう折り合いをつけて仕事をしていくかという話だと思うんですよね。


チョット、小難しいことを考えてしまった土曜の昼下がりです。

広告を非表示にする